幸せな菓子職人が作るケーキ

1日で750個売れた「幻のシュークリーム」。私たちパティスリー パピエ( Patisserie Papier )の始まりは16年前、オーナーパティシエ久世研が滋賀県八日市市(現東近江市)に開店した小さな小さなシュークリーム屋さんでした。Patisserie Papier は「菓子職人の紙」というフランス語です。お菓子作りに欠かせない紙を店名にしたのは、この一枚の紙からおいしいケーキ作りは始まる、という基本を忘れないためです。みな様に愛されたシュークリーム屋は、おかげ様で少しづつケーキの種類を増やし、今では30種類のケーキがいつも店頭に並ぶまでになりました。地域の人たちに愛され育てられた街のケーキ屋がパピエです。私たちは“幸せな菓子職人”として「お客様に提供できるベストとは何か」をいつも追い求めて、今日もみな様のご来店を心よりお待ちしております。

お知らせ/イベント情報

  • 2015.09.01洋菓子に込めた「想い」新しいホームページ

    お客様へ: いつもパティスリー・パピエをご愛顧いただき、心より感謝申し上げます。この度、ホームページを新しくオープンいたしました

ブログ

  • 2015.09.09パピエの新鮮で楽しい情報をみな様に!

    パピエの大切なお客様へ いつもありがとうございます。 待望の新しいホームページが開通いたしました。 ここにしかないお菓子の魅力を

Copyright©papier All Rights Reserved.